大学生で新車のローンを組む

車をローン払いで買ったのは何故ですか?

当時大学生だったのですが、車がなければ何もできない田舎だったためどうしても車がほしかったからです。
ただ中古車は嫌でした。
手持ちのお金は5万円ほどしかなかったのですが、どうしても車がほしくてローンで買う決意をします。
本当ならきちんと貯めておいて、一括で支払ったほうが有利なことはわかっていました。
しかし、そんなに貯めこむ余裕があるわけも無く、また貯金をすべてつぎ込むと何かあった時に困ると思ったからです。
これまでは、車のディーラーでそのままローンを組めたのですがそこも苦しいらしく、
私が購入するときには止めてしまったということで、地元に昔からある銀行にお願いする事になりました。

ローンを組むときに気をつけたことはありますか?

総額いくらにするか?
何年で組むか?
金利の安いところはどこか?
という3点でした。
現在の手持ちと貯金額を見比べ、何年で完済させるかも考えました。
あまりダラダラ期間を長くすると、月々は返済が楽ですが、総額で損してしまいます。
返済途中で購入した車を手放すことがあったら、返済が終わらないうちに次の車のためのお金を用意しなけれならない事になったら、気分的にも嫌だと感じました。
それに少しでも金利の低いところでないと万単位で変わってしまうと思い、いくつかの金融機関で見比べました。
その結果、ある銀行に決めて向かったわけですが、あまりそういう経験がないので緊張しました。
行内に入り、明るく声をかけていただき話を進めていきました
しかし、意外と書く書類が多くて面倒だな、と思いました。

またローンを組んで買い物をしたいと思いますか?

無事に手続きを終えて、マイカーを購入する事ができました。
ローンが無かったら、金持ちでもない限り大きな買い物をすることは出来ません。
そういう意味で非常に存在意義のある仕組みだと思いますので、今後も利用します。